• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“最強の無所属”中村喜四郎氏「民進会派入り」の深いワケ

 今週、永田町を驚かせた最大のニュースは、無所属の中村喜四郎衆院議員(68=茨城7区)が民進党籍を持つ議員らでつくる衆院会派「無所属の会」に入ったことだろう。

 中村氏は日大卒業後、田中角栄の秘書を経て76年に初当選。43歳の若さで建設大臣を務め、「将来の首相候補」の呼び声もあった。ところが、94年のゼネコン汚職で逮捕されたことで人生が暗転。逮捕直前に自民党を離党し、以後無所属のまま14回当選を重ねてきた。

「会期中以外は永田町に出てくることもなく、この20年間、本会議での発言はゼロ。それでも選挙では負け知らず。“最強の無所属”と呼ばれています」(政界関係者)

 無所属のまま自民党二階派の「客員会員」になったのに、事実上の「民進会派」入りとは意外だ。何があったのか――。

 中村氏の永田町事務所スタッフが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事