• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「JFEライフ」最先端の環境制御技術で工場野菜を安定供給

土浦グリーンハウスの圃場(提供写真)

「未来の農業」として注目されているのが、植物工場だ。

 温度や湿度などを管理した人工的な環境で野菜を育てる農業施設で、特にLEDなどを使う「人工光型植物工場」は昨年2月時点で、197施設に上る。2009年の6倍に急増している。「太陽光型」と「太陽光・…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事