• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池知事が大盤振る舞い 月28万円シッター代補助の“盲点”

 これで一気に待機児童解消となるのか。小池都知事は新たな待機児童対策としてベビーシッター利用の補助を始める方針を打ち出した。2018年度予算案に1500人分として50億円を計上し、今年4月にも制度をスタートする。

 驚くのはその中身だ。都内でシッターを利用すると、月平均で約32万円かかるとされる。なんと、その9割にあたる月28万円を上限に都が補助するというのだ。利用者は月4万円程度の負担で済むという。場合によっては認可外保育よりも安く済む計算だ。月に28万円も補助してくれたら、親は大助かりである。

 都財務局主計部財政課の担当者が言う。

「対象は認可保育所に入所できていない0~2歳の待機児童がいる家庭を想定しています。都としては入所が決まるまでのつなぎの制度と考えており、利用者に所得制限は設けません。現段階で1500人の利用を見込んでいますが、想定を超える申し込みがあった場合は、補正予算で対応することも視野に入れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る