• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「はれのひ」コピー機などの支払いも滞納 給与支給も遅れ

 晴れ着レンタルの「はれのひ」(横浜市)が突然営業をやめ、社長が雲隠れしている件で、成人式に晴れ着を着られなかった新成人が警視庁や茨城県警などに相談した件数が計600件以上に上っている。

 一部報道によると、1人当たり30万円前後の被害が多く、総額は数千万円に達するとみられている。はれのひ側から、30万~40万円の契約支払いを「いま現金で払ったら5%引き」と持ちかけられた相談者もいるらしい。

 同社は着物卸会社への支払いが1年以上前から滞り、未回収額が3社で約5000万円に上るという。同じころ、社員への給与の支給が遅れ始めたとも報じられている。コピー機や電話機、机などのリース料金も昨年春ごろから支払いが遅れるようになり、昨年11月と12月分の料金が未納になっているとの情報もある。

 はれのひの幹部はリース会社に「(成人式がある)1月になれば代金を払う」と説明していたが、12月25日以降連絡が取れない状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る