• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪で消える2兆円問題…「コミケ」GWに前倒しは逆効果

「決着」からはほど遠い。2020年東京五輪の影響で、「東京ビッグサイト」(有明)が使用制限され、毎年8、12月にある世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」の開催が危ぶまれている問題。主催者側が、20年は8月開催分を5月のゴールデンウイーク(GW)に前倒しすることを決め、一部メディアは「コミケ問題決着」と報じていたが、事はそう簡単にはいかない。

 この問題については、小池百合子都知事が9月の会見で「5月1~5日にコミケ関連で使えるように関係者と調整する」と表明していた。今回の決定は、主催者側が都の要望に応えた格好だ。

 コミケは、一般の有志がサークルを組み、漫画やグッズなどを作製し即売するイベント。3日間開催され、直近の8月は延べ50万人が訪れた。ネット上では早速「ただでさえ混雑するGWに開催しては、東京が大パニックになる」「(首都圏外から来る)遠征組の宿泊施設がなくなる」といった声が上がっている。同人誌業界関係者はこう危惧する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る