• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“3つの山口組”が事始め式…水面下で進む「電撃和解」構想

 13日、6代目山口組と神戸山口組、任侠山口組の“3つの山口組”が、ヤクザの正月にあたる「事始め式」をそれぞれ行った。6代目山口組は神戸市灘区の総本部、任侠山口組は尼崎市の直系事務所で開催。神戸山口組は淡路島にある拠点事務所が使用禁止になっているため、神戸市内の関係事務所で会合を開いた。

「今年4月に神戸山口組から再分裂し、任侠山口組が発足。9月に任侠の組員が何者かに射殺されたこともあり、13日は兵庫県警の捜査員ら100人が警戒と情報収集に当たりました。しかし、特に大きなモメ事もなく、事始め式は終了しました」(捜査関係者)

 “3つの山口組”が粛々と事始め式を終えたのは、水面下で分裂騒動の早期決着が進められていることと無関係ではなさそうだ。現在、服役中の6代目山口組“ナンバー2”の高山清司若頭が遅くとも再来年には出所する予定。出所後、高山若頭と任侠山口組の織田絆誠代表との間で、山口組の“和解”について話し合われるかもしれないといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る