“3つの山口組”が事始め式…水面下で進む「電撃和解」構想

公開日:

 13日、6代目山口組と神戸山口組、任侠山口組の“3つの山口組”が、ヤクザの正月にあたる「事始め式」をそれぞれ行った。6代目山口組は神戸市灘区の総本部、任侠山口組は尼崎市の直系事務所で開催。神戸山口組は淡路島にある拠点事務所が使用禁止になっているため、神戸市内の関係事務所で会合を開いた。

「今年4月に神戸山口組から再分裂し、任侠山口組が発足。9月に任侠の組員が何者かに射殺されたこともあり、13日は兵庫県警の捜査員ら100人が警戒と情報収集に当たりました。しかし、特に大きなモメ事もなく、事始め式は終了しました」(捜査関係者)

 “3つの山口組”が粛々と事始め式を終えたのは、水面下で分裂騒動の早期決着が進められていることと無関係ではなさそうだ。現在、服役中の6代目山口組“ナンバー2”の高山清司若頭が遅くとも再来年には出所する予定。出所後、高山若頭と任侠山口組の織田絆誠代表との間で、山口組の“和解”について話し合われるかもしれないといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る