日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

摘発は氷山の一角 日本に来襲「東南アジア詐欺団」の実態

 マレーシア人35人を詐欺で摘発――。このニュースを聞き、人数の多さにビックリの人もいるだろう。

 警視庁によると、昨年11月から今月までマレーシア人が偽造クレジットカードを使って百貨店などで商品をだまし取る事件が32件起きた。日本橋や渋谷、新宿などの百貨店でブランド品のバッグ、腕時計、ネックレスを購入していたという。

「一連の事件で20~50代のマレーシア人の男女35人が捕まりました。特徴は全員が中国語がしゃべれて、中国人がよく使う無料アプリ『微信』で指示を受けていたこと。そのため一味の頭目は中国人で、東南アジアのどこかに潜伏しているとみられています」(捜査事情通)

 35人のうち6~7割が20代。90日間の観光ビザで来日し、「ビザ」や「アメリカン・エクスプレス」「JCB」などの偽造カードを使う。カードにはマレーシア人の氏名が刻印されているが、代金は日本人などの口座から引き落とされるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事