摘発は氷山の一角 日本に来襲「東南アジア詐欺団」の実態

公開日:

 マレーシア人35人を詐欺で摘発――。このニュースを聞き、人数の多さにビックリの人もいるだろう。

 警視庁によると、昨年11月から今月までマレーシア人が偽造クレジットカードを使って百貨店などで商品をだまし取る事件が32件起きた。日本橋や渋谷、新宿などの百貨店でブランド品のバッグ、腕時計、ネックレスを購入していたという。

「一連の事件で20~50代のマレーシア人の男女35人が捕まりました。特徴は全員が中国語がしゃべれて、中国人がよく使う無料アプリ『微信』で指示を受けていたこと。そのため一味の頭目は中国人で、東南アジアのどこかに潜伏しているとみられています」(捜査事情通)

 35人のうち6~7割が20代。90日間の観光ビザで来日し、「ビザ」や「アメリカン・エクスプレス」「JCB」などの偽造カードを使う。カードにはマレーシア人の氏名が刻印されているが、代金は日本人などの口座から引き落とされるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る