• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民進・桜井充氏「加計学園が認可されれば文科省も追及」

 両方とも断定して否定できない苦しい答弁だということです。「記憶にない」という言葉は、逃げるための常套手段。事実と記憶が違っていても、記憶ならば、そこで免責になるわけで、ウソをついたことにはならない。頭のいい官僚であれば、必ずそういうふうに答弁に逃げ道をつくっているのです。ただ今回、国民の多くは、断定して答弁する前川前次官と違って、和泉、柳瀬両氏の「記憶」と前置きした答弁に「何かあるな」と思ったはずです。

  ――政府と自民党は閉会中審査で新しいものは出なかったとして幕引きしようとしています。

 新しいものが出ていないわけではない。7月22、23日に加計学園が開いたオープンキャンパスの問題は我々が新たに提示したものです。

  ――認可の結論はまだ先なのに、獣医学部を設置予定の岡山理科大で配布したパンフレットに<合格後、引き続き受験勉強を続け、一般入試でワンランク上の大学、国公立大学にチャレンジすることも可能>と記載していた件ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る