日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

先制攻撃も辞さないトランプの強硬姿勢への盲従は危うい

「平和は力によってもたらされる」という強硬姿勢に黙って従うのみだった。安倍首相は来日したペンス米副大統領と公邸で会談。北朝鮮の核・ミサイル開発への対処をめぐる意見交換は約1時間半に及んだが、軍事力行使を含む「全ての選択肢」を掲げるトランプ政権に、首相は「評価する」と表明しただけ。圧倒的な軍事力を背景とした力で押しまくるトランプ政権に、ひたすら盲従する気のようだ。

 いくらトランプ政権が力で押しまくっても、どこに追い込もうとしているのか。その落としどころは全く見えない。あの金正恩が「まいった、まいった」と、米国の圧力に屈して、大陸間弾道ミサイルや核の実験を封印するとは思えない。

 米朝関係は今も一触即発の状況なのに、トランプ政権が今後も押しに押しまくれば、結局はどっちが先に攻撃をしかけるかという度胸試しとなっていく。現状だと、トランプが先に手を出してしまいそうだから、恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事