日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5カ月間勾留され…沖縄反基地運動リーダーが語った反骨心

「5カ月間、ちょっとヨソの空気を吸ってきました。大変ご心配をおかけしました」――。19日、東京・中野の映画館「ポレポレ東中野」。柔和な目尻を下げながら、こう切り出したのは、沖縄の基地反対運動のリーダーである山城博治氏だ。

 沖縄県警に昨年10月、器物損壊や公務執行妨害などの容疑で逮捕され、県警や拘置所で5カ月もの間、長期勾留された。微罪による異例の長期勾留は、誰が見ても安倍政権による政治的弾圧だろう。裁判はまだ続いているものの、3月18日に釈放され、人前に出てくるのは久々だ。

 この日は、辺野古や高江の基地反対運動を扱った映画「標的の島 風かたか」(三上智恵監督)上映後のトークショーに登場し、定員100人の会場を埋めた観客の前でこう熱弁を振るった。

「私個人の問題ではない。言いがかりをつけて、沖縄の大衆運動を潰す政府の方策だ。私たちの主張を法廷の内外で訴えていきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事