別れてくれない妻はどうすれば? 男女問題研究家に聞いた

公開日:

 川﨑麻世(55)とカイヤ(56)の泥沼離婚裁判が話題だ。

 川﨑は2年前に2人の子供が成人したタイミングで離婚調停を起こしている。これが不調に終わり、裁判に持ち込んだ格好だ。

 夫婦関係が“美談”になった樹木希林と内田裕也も、別居生活40年。内田は、結婚1年半で家を出て、その後、樹木の同意を得ずに離婚届を出している。

 同じように“別れてくれない妻”でも、その後は全く異なるが、どうしても別れたい場合、どう対処すればいいのか。

「過去の事例を見ていくと、別居5年の“実績”があれば、裁判でほぼ離婚できています。裁判を起こす男性の動機は2つ。生活費を払いたくないか、他に結婚したい女性がいる場合です。そうした目的がなければ、諦める人が多い。内田さんのように好きな人をつくったりしながら自由に過ごし、ほどよい距離感がある夫婦関係を選ぶケースも多いです」(男女問題研究家の山崎世美子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る