別れてくれない妻はどうすれば? 男女問題研究家に聞いた

公開日: 更新日:

 川﨑麻世(55)とカイヤ(56)の泥沼離婚裁判が話題だ。

 川﨑は2年前に2人の子供が成人したタイミングで離婚調停を起こしている。これが不調に終わり、裁判に持ち込んだ格好だ。

 夫婦関係が“美談”になった樹木希林と内田裕也も、別居生活40年。内田は、結婚1年半で家を出て、その後、樹木の同意を得ずに離婚届を出している。

 同じように“別れてくれない妻”でも、その後は全く異なるが、どうしても別れたい場合、どう対処すればいいのか。

「過去の事例を見ていくと、別居5年の“実績”があれば、裁判でほぼ離婚できています。裁判を起こす男性の動機は2つ。生活費を払いたくないか、他に結婚したい女性がいる場合です。そうした目的がなければ、諦める人が多い。内田さんのように好きな人をつくったりしながら自由に過ごし、ほどよい距離感がある夫婦関係を選ぶケースも多いです」(男女問題研究家の山崎世美子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る