• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

「美女のおしっこを飲んで健康になる」は本当なのか

 プラセボは、「偽薬」を意味する。治療法のない患者や副作用などに問題のある患者に、薬ではないブドウ糖や乳糖などを処方して、患者が薬だと信じ込むことで症状が改善される効果があるという。精神治療で痛みや不眠などの症状にも使われることがあるそうだ。

「信じる者は救われる」という言葉がある。「自分は若い」と自分に言い聞かせているとその言葉が脳に浸透して、若いと思い込んでくる。そうなると歩く速度まで変わってくるから不思議だ。

 僕は常日頃、自分の年齢は50歳だと脳に言い聞かせている。思い込みは脳をだませる。反対に、もう年だからと愚痴ばかり言っていると、実年齢以上に老け込んでしまう。

 昨日、机の中を整理していたら、28歳のときの写真が出てきた。ハワイのワイキキビーチで撮った写真で、裸の上半身は筋肉隆々だ。この写真を脳に刷り込み今も変わらないと思い込むことにした。でも、その夜、風呂場の鏡に映った自分の体に愕然とした。悲しいかな肉体の若さは思い込みだけでは効果がないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る