野崎幸助
著者のコラム一覧
野崎幸助実業家

1941年、和歌山県生まれ。中学卒業後、酒類販売業、不動産業、金融業などで財を成し、美女4000人に30億円以上を貢ぐ。今年2月には自宅で強盗に襲われた。近著に「紀州のドン・ファン」(講談社+α文庫)がある。

【葵ちゃん編】顔中愛液で濡らしながら舐め上げました

公開日:  更新日:

4000人に30億円を貢いだ男

 いい女を抱くためだけに大金持ちになった私には、思い出に残っている美女が何人もおります。そんなべっぴんさんたちと過ごしたエッチ人生について、少しずつ、お話しさせていただきます。

 20代半ばの葵ちゃんは銀座の高級クラブの人気ホステスです。背はすらっとしているのに、顔はリスのように小さい。ポニーテールが似合う童顔のべっぴんさんです。それなのに、ドーンとせり出した巨乳がアンバランスで魅力的であります。

「社長、ごめんなさいね。あそこのお客さんがうるさくて」

 他のホステスと会話を楽しんでいるスーツにメガネのにやけた男は、某代議士の御曹司ということでした。支払いは父親への請求書で済ませているのだとか。葵ちゃんを狙っている客は私のライバルです。銀のスプーンをくわえて生まれてきたボンボンに、裸一貫から叩き上げてきた私が負けるわけにはいきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る