植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「マッチングサイト」で最も多いのが堕胎トラブル

公開日:

 マッチングサイトを使った出会いで、詐欺に遭ったり、不動産投資をさせられたという相談がよくあります。さすがに、殺人事件に発展すれば社会の目に触れますが、最も多い被害は、妊娠↓堕胎です。

 妊娠させておきながら認知しないどころか、行方をくらましてしまうのです。そのため、女性は産めなくておろしてしまう。こんなケースがかなりの数あるようです。女性も恥ずかしいから言わずに表に出ない。「またか」というくらい、相談に来る女性がいますよ。

 相手が既婚者で、認知していないのに産んでしまって、「結婚してくれなかった」と途方に暮れる女性もいます。

 それでも、マッチングサイトは「自己責任」と明記しているので、責任を取ってくれません。危険ですね。

 最近は、登録者同士が今どこにいるかが分かるアプリがあります。ここまでくると、男性からすれば、風俗みたいな感覚ではないでしょうか。好きなとき、近くにいる女性とコンタクトが取れるのですからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る