• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「マッチングサイト」で最も多いのが堕胎トラブル

 マッチングサイトを使った出会いで、詐欺に遭ったり、不動産投資をさせられたという相談がよくあります。さすがに、殺人事件に発展すれば社会の目に触れますが、最も多い被害は、妊娠↓堕胎です。

 妊娠させておきながら認知しないどころか、行方をくらましてしまうのです。そのため、女性は産めなくておろしてしまう。こんなケースがかなりの数あるようです。女性も恥ずかしいから言わずに表に出ない。「またか」というくらい、相談に来る女性がいますよ。

 相手が既婚者で、認知していないのに産んでしまって、「結婚してくれなかった」と途方に暮れる女性もいます。

 それでも、マッチングサイトは「自己責任」と明記しているので、責任を取ってくれません。危険ですね。

 最近は、登録者同士が今どこにいるかが分かるアプリがあります。ここまでくると、男性からすれば、風俗みたいな感覚ではないでしょうか。好きなとき、近くにいる女性とコンタクトが取れるのですからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る