DeNA筒香も指摘 生徒と専門家に聞いた中高部活のおかしさ

公開日: 更新日:

 勝利至上主義の高校野球の仕組みは、いかがなものか――。DeNAの筒香嘉智が高校野球のあり方について提言したことが波紋を広げている。勝利を優先するあまり、将来のある高校生がケガをしたり、サポートする親の負担が重過ぎたりする少年野球の環境を批判する内容だった。

 トップ選手の発言は重く、野球に限らず部活のあり方を問う声が大きくなってきている。早稲田大学スポーツ科学学術院の中澤篤史准教授は、「その大きな契機となったのが、2012年末に起こった大阪市立桜宮高校の生徒の自殺事件だった」として、こう続ける。

「あの事件では部活顧問の男性教諭が厳しい指導や体罰を繰り返したことで、生徒が自殺に追い込まれました。それ以降、部活内での暴力や事故によって命を落としている子どもたちがいることが、問題視されるようになっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る