熟年参戦で数万円取引も…マンホールカード人気さらに過熱

公開日: 更新日:

「マンホールカード」の人気が止まらない。カードを集めたり写真を撮ったりするために、各地を訪ね歩く〝マンホーラー〟が続出している。

 マンホールカードとは、下水道広報の一環として生まれたカード型パンフレットのこと。表面にはご当地マンホールの写真と、設置されている場所の緯度・経度、裏面にはデザインの由来などが紹介されている。

 カードごとに配布場所が決まっており、全国に478カ所ある。指定された場所に行くと、1人1枚無料で受け取れる。郵送は不可。豊富なデザインと現地に行かなければ手に入らないレア感がウケているようだ。

 マンホーラー歴2年以上のマニアに聞くと、「ゲーム感覚で集めるのが面白い」(会社員=53歳)、「その土地の歴史や特色を凝縮した蓋に知的好奇心が湧く」(アルバイト=67歳)……。「マンホールカードを持ち、実際のマンホールの前で記念撮影。それをSNSにアップすると〝映え〟る」なんて〝マンホール女子〟も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る