アロバ社長 内藤秀治郎氏「人に勧められた本は必ず読む」

公開日:

 昨年10月、味の素スタジアムのサッカーJ3の試合で、監視カメラで観客の感情などを分析する実証実験が行われた。使われたのはアロバのネットワークカメラ「アロバビュー」だ。時代の最先端を行く技術だが、内藤秀治郎さん(49)は意外と最新テクノロジーに懐疑的な目も持っている。

 不審者発見など、防犯目的で使用されてきたこれまでの監視カメラ。最近は、顔認証などの機能を持たせ、顧客や観衆の喜怒哀楽をデータ化することもできる。

「これまでの監視カメラは、防犯目的の“目”が中心でしたが、これにAI(人工知能)で“脳”の機能を持たせ、やがては“行動”を伴わせることができるようになります。例えば、高級時計店のような実店舗で、新規の客か、リピーターなのかを顔認証で判別します。なぜなら、ふらりとウインドーショッピングで訪れた人より、何度か来店してくれた人の方が買ってくれる可能性は高いからです。また、客の喜怒哀楽など、感情が分かれば、サービス面での店員の配置やチェーン店舗のドミナント(出店)にも役立ちます。ネットワークカメラはこういう使い方もできるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る