警備ロボットでテロリストも探知 駅ホームに駅員不要に?

公開日:

 訪日外国人の増加に伴い、公共交通機関や商業施設などで警備・監視、サービス業務を担う警備ロボットが導入されている。ALSOKの警備ロボ「Reborg―X(リボーグエックス)」は英・中・韓国語などでのコミュニケーション機能も搭載している。

「ボッチャマ コンナトコロヘ キテハイケマセン!!」

 召し使いロボット「ロビタ」が子供に語りかける。手塚治虫が半世紀前に想像した未来の姿だ。ロビタはコンピューターのようなしゃくし定規な心を持たない。というのも、元は交通事故で死亡したレオナという少年の脳を人工頭脳で再生したものだからで、時にはドジも踏んだりする。

 もっとも、コピーをくり返していくうち人間くささは徐々に薄れていく。AI(人工知能)がより人間くささを目指しているのと逆の経緯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る