丸山久雄さん<5>“カメのお告げ”で…「ロト6」2等に当せん

公開日:

 NTTの社員として、光ファイバーの営業拡大に貢献したケヅメリクガメとの出合いは1995年、33歳のとき。夏休みに家族で伊豆に海水浴に出掛けたときだった。

「帰り道に『伊豆アンディランド』に立ち寄ったんです。何か目的があったわけではなかったんですが、そこはカメだけの水族館。体長1.5メートル、体重は200キロを超える巨大なゾウガメが悠々と身を横たえていました。そのつぶらな瞳に吸い込まれそうな感覚で。一目見て、『ビビビ』ときたんです」

 “一目惚れ”だった。多摩動物公園に「譲ってくれないか」と電話したそうだが、もちろん断られた。それからひたすら探しまくって、京王多摩川駅近くのペットショップでついに発見する。

「アルダブラゾウガメというゾウガメでした。体長は20センチほど。価格は1センチあたり3万円ちょいで税込み80万円ほど。妻に内緒で、即買いでしたね。自宅の2階に1メートル四方の水槽も買って、育てたんです。ほんとかわいくて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る