推定利回り6~8%に熱視線 トランクルーム投資は儲かるか

公開日:

“10%前後の利回りを期待できる”という触れ込みで、数年前からコインランドリー投資がサラリーマンの副業として注目されている。ただ、おいしい話には誰もが飛びつきたがる。コインランドリーが乱立し、儲けが減って苦戦する個人投資家も増えているようだ。

 最近、新手の投資として熱視線が注がれているのがトランクルーム投資だ。建築ラッシュで東京都心の賃貸マンションの想定利回りは4%台に低下。矢野経済研究所によると、トランクルーム投資は推定6~8%の利回りが見込めるといい、相対的に魅力のある投資先に映るようだ。トランクルームの市場規模はこの10年間で継続的に6~9%の成長を続けてきたが、さらなる需要増も予想されているという。

「当社は現在、首都圏のエリアに80店舗のトランクルームを展開しています。これを7年後には200店舗に増やす方針です。ニーズが増えているのは都心への一極集中が考えられます。住居スペースが年々狭くなっているため、レンタル収納スペースを趣味の道具やコレクション、洋服や家電など季節品の置き場所にする人が増えているのだろうと分析しています」(トランクルーム「プライベートBOX」を運営する京葉物流の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る