西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

筋肉食堂六本木店 ボリューミーなのにたったの450kcal

公開日:

 何よりもネーミングのインパクト大! その名も「キ・ン・ニ・ク食堂」ですからね~。お客さんも店員さんもピッチピチの白いTシャツの袖からムキムキの二の腕がハミ出し、マッチョな男性であふれ返っている――。な~んて想像しちゃいました。

 友人と一緒に昼下がりに到着。店内は満席どころか、4組ほどのお客さんが行列中。マジ?

 普段からダンベルを振り回しているような筋骨隆々の人もいますが、中肉中背のサラリーマンもいるし、可愛らしいファッションに身を包んだOL風グループも。

 席に着いて豊富なメニューリストから「何を食べようかな?」と迷いながら「鶏モモ肉200グラム+鶏ムネ肉200グラム」(1600円)をチョイス。とってもボリューミーなのに、たったの450キロカロリー。タンパク質は83・4グラムですって!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る