丸山久雄さん<3>「暴対法」施行で4課の刑事と連携密に…

公開日:

 入社して4年後の1985年4月1日、日本電電公社はNTTとして民営化される。「民間企業に生まれ変わって、数字を求めないといけないから、オレみたいな人材が集められたのかな」と当時を振り返る。電報課から料金課への異動を経験し、支払いを拒む暴力団などから粘り強く料金を回収する毎日だった。

「あるとき、組長の家で話をしていたら、組長の頭越しに浮いたり、沈んだりするものがあることに気づいたんだ。魚じゃないことは分かった。水槽ではなく、細長い筒状の瓶だからね。『あれ、なんですか?』と尋ねると、『指だよ。若い衆を破門したときに詰めたんだ』と言われたときは、さすがに背筋がゾッとした。3つくらいあったからさ」

 通称「暴対法」が施行されたのが92年。料金課に在籍していた80年代後半は暴力団への取り締まり強化に向けての動きが少しずつ芽生えてきた時代と重なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る