丸山久雄さん<1>電報の送り主で一番多かったのは“サラ金”

公開日:

「実家の裏に福生警察署があって、小2から警察署の道場に通って剣道一筋。当時は『柔道一直線』や『空手バカ一代』などスポ根番組が全盛で、強いもの、大きいものへの憧れが強くてね。高校で2段に昇段し、大学の剣道部の監督にスカウトされたりして、それなりに強くなれた。ラーメンやカレー、ハンバーグなんかを食べまくっては、ひたすら体を動かす体育会系。そんな男が思い描く社会人の姿といったら、やっぱり体を動かす仕事。東京消防庁の特別救助隊に入隊するのが夢だった」

 ところが両親の猛反対を受ける。

「父は町役場の事務員、母は民営化前の電電公社に勤務。当時にしては珍しい共働きでも、事務員だから、『体を危険にさらす仕事はダメだ』と一喝されてさ。レスキュー隊への憧れはあったものの、そんなに気持ちが強くなかったのか、両親に説得されると意外と萎えちゃった。日本大学明誠高校を卒業したら、母の紹介で電電公社に入社したんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る