小野員裕さん<1>長髪ヒゲ面で面接に臨んだ出版社に採用

公開日:

 今回登場するのは、横濱カレーミュージアム初代名誉館長にして、ラーメンや居酒屋などの大衆料理研究家、出張料理人などさまざまな顔を持つ元祖カレー研究家。サラリーマン時代は、出版社で人文系の編集者を務めていた。

「生まれは、北海道三笠市の幌内(アイヌ語で大きな川の意)。母方の伯父が炭鉱を経営していて、その縁で父は炭鉱夫として働き、6歳上の兄も幌内で生まれました。ただ、昭和30年代はすでに山の景気も悪くなっており、2歳で練馬に引っ越してきた。ですから、当時の記憶はほとんど残っていません。父は召集で、大阪で終戦を迎えましたが、原爆が落とされる直前まで広島にいたそうです」

 その後、「荒城の月」(滝廉太郎作曲)で知られる詩人の土井晩翠の書生をやっていたが、結婚を機に北海道に移り住んだという。

「1961年に東京に引っ越してからは、親戚が経営する電電公社の子会社に勤め、私が小学生の頃には弱電の工場を始めました。クラリオンのステレオ基板を作る社員10人ほどの町工場で、その後はカラオケ用の8トラックなども作っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る