【シュークルート】アルザス料理の王道メニュー

公開日:

「シュークルートがあるから、うちの店はもっているようなもの(笑い)」(オーナーの富田さん)というジョンティの絶対的エース。自家製のベーコンやソーセージ、塩漬けした豚すね肉を豚のブイヨンでじっくりと煮込むというプロのレシピを家庭用にアレンジしたものを教えてもらったが、ちょっぴり上級者向け。

「ザワークラウトは、プレス機能のついた漬物器で作るのがベストです。発酵させる過程でキャベツが水に漬かっているのが成功の秘訣であり、漬物器で圧をかけるのが効率的に失敗も少なく作れます」(富田さん)

 ザワークラウトは市販の瓶詰で代用し、ラード、ジュニパーベリー、キャラウェイ、ブイヨンといったスパイスやスープの力を借りれば、本格的な味に近づく。

 寒い夜にはコトコト、コトコト……煮込み料理を味わうぜいたくたるやない。相棒にはぜひ、アルザスのリースリングを。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る