永井紗耶子さん<4>老舗企業の取材が小説のきっかけに

公開日:

 2008年のリーマン・ショックの直後に、東京・日本橋の老舗企業のトップ3人の鼎談を取材した。

「にんべんの高津克幸さん、国分グループ本社の國分晃さん、西川産業の西川八一行さん。みなさん、いずれも江戸初期から日本橋に店を構える老舗の後継者。リーマン・ショックの話題になると、國分さんは『ある役員が、うちは明治維新も関東大震災も第2次大戦も越えてきた。それに比べたらリーマンなんて……と言う』とおっしゃった。このときは『老舗ってそういうことか』と感慨深かったです。西川さんは、近江商人の『三方よし』の話をされました。商売を長続きさせるなら、売り手よし、買い手よし、世間よしの3つが揃わなければいけない。その話を聞いて、私のなかで江戸時代を書いてみたいと思うようになりました」

 実際、作家としての2作目に「福を届けよ 日本橋紙問屋商い心得」を発表。幕末を越えていく商人の話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る