相続法改正で新設「特別寄与分」が認められるケースとは

公開日:

 介護で離職する人は、8割が女性といわれる。嫁が義理の親を介護しているケースが多い実態がうかがえるだろう。嫁がどんなに義理の親に尽くしても、これまでの相続の枠組みでは、相続人になれるのは配偶者や子供で、嫁は対象外だった。

 しかし、来年の相続法改正で、そんな“不公平”が是正される。それが、改正の目玉のひとつ「特別寄与」の新設だ。

 たとえば、父が亡くなって母と3人の子供が相続するケース。通常は、母が2分の1の遺産を相続し、残りの2分の1を3人の子供で等分する。それが遺産分割の基本的な考え方だが、仮に長男夫婦が両親と同居しながら介護していたりすると、離れて暮らす2人の弟より遺産分割の増額を要求するようなことはよく耳にするだろう。

 そんな相続分を増やす制度は「寄与分」といわれる。その対象は配偶者や子供ら法定相続人に限られていたが、新制度では、長男の嫁のような法定相続人ではない親族も、ほかの相続人に対して「特別寄与分」を請求できるようになるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る