永井紗耶子さん<3>IT社長の座談会当日「ライブドア事件」

公開日:

 産経新聞を退職後は、地元の横浜に戻ってフリーライターとして活動を始めながら、歴史を学べる佛教大学大学院に入学した。時代小説を書くためだった。

「高校はクリスチャンの学校だったので、仏教文化と歴史をちゃんと学びたいと思い、通信で修士論文を書きながら、働きました」

 さまざまな雑誌に営業をかけ、ライター業が少しずつ軌道に乗り始めてきた。

「自分が体を壊したことをきっかけに、健康に興味を持ち、日経BP社『日経ヘルス』に、自分の体を実験台にした企画を持ち込んだところ『面白いからやってみる?』と言っていただきました。それ以後、ヨガをはじめ、さまざまな企画に参加。健康のことは、知るほど奥深く、学ぶことが多かったです」

 ほぼ時を同じくして、「VOGUE」にいた大学の先輩から、同じコンデナスト・ジャパンで立ち上げたばかりの雑誌「GQジャパン」(2003年4月創刊)で政治経済についての取材をしてみないかと、声をかけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る