永井紗耶子さん<2>入社3カ月後…自律神経失調症で手が震え

公開日:

 大学を出るまで横浜で育った永井さんが、産経新聞の研修で初めて訪れたのが、大阪のあいりん地区だった。その後、配属されたのは兵庫県の西宮支局。多忙な毎日とカルチャーショックで入社3カ月余りで体は悲鳴を上げ始めたという。

「不慣れなこととストレス、それに体力もなかったので、あるとき支局に帰ったら急に手が震えだしたんです。デスクに『震えが止まりません』と報告したら、『とりあえず家に帰れ!』と言われて、車に乗ろうと思っても運転できない。結局、宿直室で寝たのですが、それでも止まらなくて、病院に向かいました。医師からは、『胃が鉄板みたいになっています』と言われました。自律神経失調の症状でした。その影響で、体に震えが起きていたようです」

 それでも、就職氷河期に入れた会社を辞めることに踏ん切りはつかなかった。「なんとかならないのか」と葛藤したが、決断を後押ししたのは、父の言葉だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る