塩田武士さん<1>「キミがなんで残ったか分からん」

公開日:

 大学時代に松本清張や山崎豊子の書を愛読し、社会派作家を目指したという塩田さん。「小説家になるために就職したので、新聞社しか受けていません。新聞記者になる以外は意味がないと思い込んでいました」と振り返る。

 ただし、全国紙はことごとく落ちてしまった。最後の1社は神戸新聞社。面接官は学生1人に対し、6、7人いた。

「履歴書に『興味のあること』を書く欄があって、地域スポーツについて、今後の5年を予測したんです。当然、5年間の中身について聞かれると思って準備して臨んだんですが、ある面接官が『キミ、テーマを“今後5年”とした根拠を説明してくれ』と言うんです。そこは適当だったんで、頭が真っ白になり、何も言えなくなりました」

“就職浪人”が頭をよぎる。パニックになった。

「僕があまりに黙っていると、面接官から『キミさあ、今後5年って書いたら、なんか具体的に聞こえると思って書いたんちゃうの?』って指摘されたんです。本当にその通りだったんですよ。『これ面接対策のいやらしいテクニックやないか?』って怒られました。そのときに、“落ちた”と思ったんですよ。もういいやと思って、『おっしゃる通り、そもそも僕、いやらしい人間なんです』と開き直ったら、これがウケて、『あれ?』と思ったときに、面接官同士が『新聞記者はいやらしなかったらでけへんからなあ』って、急にばーっと盛り上がったんです。そこが神戸新聞の人間的な緩さなんですよね。『あれ、この会社、うまくやっていけるかも』と思っていたら、通過の電話がかかってきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る