専門家が解説 ストーカー女性が仕掛ける男性への嫌がらせ

公開日:

 すんなりといくのだろうか。ゲス不倫で大バッシングを受けたベッキー(34)は、巨人の片岡治大二軍コーチ(35)との交際を報じられ、入籍目前との見方もある。猛暑の中の“春到来”なら、つらい人生経験で大汗をかいたかいもあったというものだろう。

 が、片岡コーチには、ファンの間で有名なストーカー女性がいて、ネット上には「その女性がネックになるのではないか」といった投稿が相次いでいるのだ。

 ストーカー女性が、一方的に好意を寄せている男性の恋人に嫌がらせをするという話は、芸能界ならずとも時々耳にするだろう。それも怖いが、ちょっとした気持ちの行き違いで、恋人の女性が豹変するのも怖い。どんな嫌がらせがあるのか。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「33歳の女性は、アパレルチェーンの店長と交際していました。仕事柄、休みが少なく月に4回程度で、『疲れているから出歩くより、ゆっくりしたい』とすぐにラブホにチェックイン。いつも必ず大人のオモチャを用意してきて、プレーに使うのが彼の楽しみだったとか。それを毎回、女性にプレゼントしていたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る