奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

いずれパンデミックも…人は豚の耐性菌に感染しやすい

公開日:

 あるいは鳥インフルエンザよりも先に、豚のスーパー耐性菌によるパンデミックもあり得ないことではない。

 ある養鶏家はこんなことを言っていた。

「鶏は繁殖行為(産卵)と生産行為(肥育)を分離できています。ところが、豚は子育てがありますから繁殖と生産が同じ場所です。病原菌がうつるのは繁殖の時です。豚は繁殖と生産を分けられないから、抗生物質なしで育てるのは非常に厳しいのです」

 しかし、調べてみれば無投薬で豚を肥育している企業はあるし、オランダで抗菌薬を減らしたらMRSAも減ったという報道もある。

 無投薬による養豚は厳しいが、不可能ではないということだろう。それなら、なぜ無投薬で肥育しないのか。

 すると前出の養鶏家はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る