• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

折れた標識支え…事故防止に尽くした米17歳少年に絶賛の声

 事故を未然に防ごうとした少年の無償の行為に絶賛の声が寄せられている。

 今月6日、米オクラホマシティーに住むランディー・ジョーンズさんが車に乗っていた時、サウスウエスト29番ストリートとサラロードの交差点で不思議な光景を見かけた。

 少年が車の停止を促す「止まれ」の標識を支えていたのだ。

 ジョーンズさんがこの日、フェイスブックに投稿した記事によると、彼が車を停めて少年に事情を聞いたところ……。

「ローガン」と名乗る少年は、危うく2台の車が交差点で衝突事故を起こす場面を目撃。「止まれ」の標識が倒れていることが原因だと気が付き、事故を未然に防ぐために標識を支えることにしたのだという。

 ジョーンズさんは、すぐに市当局に連絡し、標識の修理を至急行うように要請した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る