• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

「減農薬栽培」のカラクリ…危ない薬を使うと回数が減る

 人間の神経系に作用することが分かっているネオニコチノイド系農薬。

 ちなみにイチゴのニテンピラムというネオニコチノイド系農薬の残留基準値は、EUでは0・01ミリグラム/キロなのに、日本は500倍の5ミリグラム/キロ。もしこの農薬が基準値いっぱいまで残っていたとしたら、ニテンピラムの1日の摂取許容量(ADI)は0・53ミリグラム/キロだから、10キロの子供なら、1日の摂取許容量5・3ミリグラム。残留基準値いっぱいのイチゴを1キロちょっと食べると1日の摂取許容量をオーバーしてしまう。

 ADIがEUと同じでも、それぞれの農産物について、日本の基準値がEUの100~1000倍もゆるいから、多めに食べると簡単に摂取許容量を超えてしまうのである。もちろん、1キロなんて食べないだろうと思うかもしれない。摂取許容量を守れば大丈夫と。だが、それ以下なら安全だと、誰が責任を持って言えるだろうか。責任もとれないのに、軽々しく「安全です」なんて言ってほしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る