• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

両脚がない8歳難民少女の運命を変えた父親製“ツナ缶”義足

 生まれつき両脚がなく、父親が空き缶を利用して作ったお手製の「義足」を装着した少女に注目が集まっている。
 英語版アルジャジーラ(7日付電子版)などによると、彼女はシリアのアレッポで生まれたマヤ・メルヒちゃん(8つ)。父親と共に戦火を逃れて、シリア北部イドリブの難民キャンプで暮らしている。

 焼けつくような地面と汚れからマヤちゃんを守るため、同じく両脚がない父親のモハッマドさんは、ツナの空き缶と塩化ビニールのパイプを組み合わせて「義足」を作ってあげた。マヤちゃんはそれを着け、キャンプの学校に通っていた。

 その姿を撮影した写真がネット上に流れ、少しずつ拡散し、人道主義団体「トルコ赤新月社」の知るところとなった。同団体は、マヤちゃん親子を首都イスタンブールに招き、新しい義足を作って贈ることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る