• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国第2の都市・釜山で楽しむプロ野球と辛ウマグルメの旅

 韓国第2の都市である釜山は、大阪に似ているといわれる。港があってメシがうまく、街は活気にあふれ、みな人懐っこい。そこは何度でも訪れたくなる場所だった。

■劇場のようなスタジアム

 釜山は日本から最も行きやすい外国のひとつだ。成田や関空といった主要都市の空港からは直行便が飛んでいるし、博多や下関からは高速船とフェリーも出ている。LCC「エアプサン」で行く手頃なツアーもあり、気楽に出かけられるところも魅力だ。

 しかも釜山市民はフレンドリーで、日本語を話せる若者が多いことにも驚かされる。釜山広域市観光振興課の木内徳子さんによると、「高校の授業で日本語を第2外国語に選択する生徒が多い」のだという。夜の屋台で知り合った若者も、「日本が好きだ」「東京で親切にしてもらった」などと熱く語るのだ。「歴史的にはいろいろあったけど、自分は日本をリスペクトしている」という30代の男性もいた。意外に親日なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る