• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大盛況の立ち飲み屋 成功の裏に巧妙“100円ショップ戦略”

 近年、飲み屋街を歩くと必ずといってよいほど、元気な立ち飲み居酒屋を見かけます。雑誌では、サラリーマンが集まる老舗の立ち飲み特集を見かけたりもします。入り口から中をのぞくと、ワイワイと楽しい喧騒が伝わってきて、ついつい入りたくなってしまう人も多いでしょう。

 立ち飲み人気の理由は、価格の安さです。激安立ち飲み居酒屋と評判になる店では、アルコールからおつまみまで全品100円という衝撃の店まで登場しています。

 もっとも、通常の立ち飲み屋の価格は、安くてもビールは中ジョッキ280円、グラスワイン200円、酎ハイ190円、日本酒250円くらい。ツマミは、焼き鳥1本100円、枝豆180円、厚揚げ180円、マグロの刺し身250円、ポテサラ180円、カキフライ220円、野菜てんぷら250円といった具合に、300円を切るメニューで提供している店が多いのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る