• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

皇室も飲んだ朱色の酒「伊根満開」はエスニックにも合う

伊根満開

 京の酒といえば20近い蔵がひしめく伏見が思い浮かぶ。灘が「男酒」なら、この地は「女酒」として名高い。しかし今回紹介するのは、京は京でも日本海に面した「海の京都」こと丹後半島・伊根で醸される逸品だ。

 伊根は舟屋の里として著名で、めったに荒れない海と低く連なる山々が驚くほど接近している。この地で宝暦4(1754)年に創業したのが向井酒造。杜氏で向井家長女の久仁子さんは笑う。

「日本で一番海に近くて、日本で一番狭いのがウチの蔵です」

 私はそこに「日本で有数のうまい酒を醸す」と加えよう。ちなみに蔵元は末っ子の崇仁さん。蔵に併設の販売スペースでは、蔵元夫人やご両親が出迎えてくれる。

 この蔵の主力銘柄「京の春」は、生もとや山廃、にごり酒などバリエーション豊富。いずれもストロングタイプの正統派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る