• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神楽坂「タイムズカフェ」は飲食物持ち込みや出前もOK

 神楽坂にあるタイムズカフェに入店すると、まずリストバンドが手渡される。滞在中はコーヒーや紅茶、コンソメスープなどが飲み放題だ。一方、店はこれで客の滞在時間を把握して、代金を請求する仕組み。「時間貸しカフェ」なのだ。

「スタバやドトールも競合ですけれど、開店にあたって意識したのは漫画喫茶ですね」とオーナーの梁川正治さんは言う。外観はどう見てもカフェなので意外なことを言うと思ったが、アメニティーを知ると「ライバルは漫喫」と語る意味が分かるような気がした。

 約60席ある1階は確かにカフェ。しかし2階に上がると、テレビ付きのリクライニングチェアやマッサージチェアが置かれたスペース、隣の席と仕切られたワークスペース、最新の雑誌が置かれたライブラリースペースなどがある。こればかりではない。女性専用のメークルームまである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る