• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【貝の酒蒸しとダシ巻き卵】貝5種類のダシを使う贅沢

 ここの酒蒸しには5種類の貝が入っている。日替わりらしいが、この日はオキシジミ(三重県産)、ムール貝、ホンビノス貝(大アサリ)、アサリ、ホタテの稚貝が入っていた。

 4~5種類を入れると味に深みが出る。家庭では贅沢(ぜいたく)だが、漁師町に来たようでうれしくなる。調理のコツは一にも二にも煮過ぎないこと。貝が開いたら火を止める。

 熱々の貝をつまみ、種類の違いを味わったら、酒をグイッとやり、その後、ダシを飲む。肝臓に優しい貝のエキス、胃に優しいダシ汁。いくらでも酒がいけるような気がしてくる。

 さらに貝のダシでダシ巻き卵を作るのだ。

 ダシの味を見て、足りなければ塩、醤油を足して味を調える。砂糖は入れない。

「砂糖を入れると貝のうま味が消えてしまうんです」と田村光祥さん。使うのは銅の卵焼き器で、店で使うものは調理後、洗剤はもちろん、水をかけることもご法度だ。手入れはキッチンペーパーで拭く程度。そうすれば油膜が敷かれて、卵がくっつかなくなる。火は強火で一気に焼く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

もっと見る