• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

澤姫吟醸酒は「夏でも燗を堪能できる酒」と蔵元が太鼓判

 夏本番、日本酒ファンには新たな楽しみが生まれる。冷房の効いた部屋で呑む燗酒だ。

 近年は冷酒がスタンダードになった。豪華に香って甘酸っぱい酒は、ジューシーさとインパクトが命。グラスが曇るほどに冷やし、グイッとやるのがよろしかろう。

 だが、冷酒だけでは日本酒の魅力の一部分しか味わえない。腕利きの杜氏が丹精込めて醸した酒は、どんな温度帯でもしっかりうまい。

 60度近い「飛び切り燗」から30度辺りの「日なた燗」まで、温度の違いにより甘辛の新しいドアが開く酒がある。酸のエッジが立ったり、まろやかになったり、五味にうま味、苦渋、香りなどの変化が実感できる。

 何より、燗付けというひと手間をかける作業がいい。銘酒をしみじみ呑み、じんわり酔う。日本酒による心のデトックスではあるまいか。

 ちなみに、私は浅い平底の鍋に銚子を入れて燗をしている。温度計は使わず勘で火を切る。総じてぬるいのより、熱い方が好みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る