• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

殺伐とした世の中に…仏教の「和顔施」と「言辞施」の意義

 繁華街を歩いていると、人とすれ違うたびに怖さを感じることがある。職場での人間関係がうまくいかずにイライラしているのか、理由はそれぞれあるのだろうが、険悪な顔つきでわざとぶつかってくる人がいる。

 先日は、渋谷のスクランブル交差点で、若い男と高齢男性がぶつかり、高齢者がよろける場面を目撃した。実に危ない。その背後で、茶髪の女2人連れが、「ジイさんがこんなところを歩くからだよ」と笑った。「あんたたちもやがてバアさんになるのだよ」と心の中で舌打ちしたが、こうした思いやりを持たない人間が増えている。

 以前も書いたが、目の前に高齢者が立っているのにもかかわらず、電車の優先席に平然と座っている若者もいる。ひどい世の中だ。そんな中、講演で長野県のある町に行ったときのことだが、通学路なのだろうか、細いあぜ道で小学生の男の子数人から挨拶をされた。この町独特のイントネーションで、「こんちゃぁ~」と言われた。見ず知らずの僕にニコニコしながら言うのだ。いい子供たちだなぁとうれしくなり、僕も笑顔で「こんにちは」と挨拶をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る