• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝ドラ「半分、青い」でも注目…いま“カエル人気”のなぜ?

新宿・京王プラザホテルでは「カエルアートミュージアム」

 ケロッケロッと鳴くあの「カエル」が今、静かな注目を集めている。視聴率20%超えの快進撃を続けるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でもカエルがモチーフとして使われている。

 ヒロインの鈴愛(永野芽郁)は亡くなった祖母・廉子(風吹ジュン)がカエルになって見守ってくれていると信じ、初デートで着た“勝負服”もカエル柄のワンピース。視聴者の間では「カエルのワンピース」に関するツイートが飛び交い、急上昇ワード入りするほど話題にもなった。

 実は、カエルの愛好家は多い。長野県松本市「カエル大明神」の祭りや、茨城県つくば市「筑波山がまレース」など、カエルにまつわるイベントが例年各地で開催され、近年大いににぎわっている。なぜカエル人気が高まっているのか。

 福島県喜多方市で多数のカエルグッズを展示している「100年カエル館」の副館長・高山ビッキさんはこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る