• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【新宿戸山団地】住宅街の真ん中 ポツンとともる赤提灯1つ

 新宿7丁目の怪しいエスニック酒場でネパールのおふくろの味をつまみに一杯やった後、近くに銭湯を見つけたので、ひとっ風呂浴びた。見知らぬ街で飲むのもいいが、風呂に入るのも楽しい。つかの間、その街の住人になったような気がするからだ。その銭湯は昔ながらの昭和なたたずまい。全身にモンモンの墨を入れた男たち(3人!)に囲まれながら汗を流した。

 湯上がりの肌に、街の風は心地いい。人けのない住宅街を気ままに歩く。15分ほど歩いただろうか、大久保通りに出た。左折して明治通りに出れば副都心線の西早稲田駅まですぐ。しかし、明治通りの1本手前の細い路地を右に曲がった。何かありそうなにおいがしたからだ。

 100メートルほど歩くと、案の定、赤提灯の明かりが見えてきた。雑居ビルの入り口にぽつんとひとつだけ。店は地下のようだが、地下へと続く階段の手前にママチャリが置かれ、侵入を拒む。入ってほしいのか、入ってほしくないのか。迷っていると、階段の脇にエレベーターがあるのに気付いた。それに乗って地下1階に降りると、いきなり店内。様子をうかがうも何もなく、ママの「いらっしゃい」と言う声に促されるまま、カウンターに座った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る