逆質問で相手をはぐらかす 麻生財務相「責任転嫁」の手口

公開日:

 アメフト部の悪質タックル問題の余波が続く日大は、教職員組合から田中英寿理事長の辞任を求める声が上がっている。これほど事態が悪化したのは、日大の初動ミスが大きいだろう。

 試合から10日後の先月16日、関学大への回答書で、内田前監督からの反則行為の指示を否定。その原因は指導方針にあったとして、「ルールに基づいた厳しさを求め」たところ、「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きた」としている。文書で姿も見せず、選手に責任転嫁するような言いぐさだ。

 その6日後の22日、日大の加害選手が毅然とした態度で会見を開く。内田前監督らからの指示を明言したことで、翌23日、“火消し”に追われている。前監督とコーチは悪質タックルを「想定外」とし、「とんでもない重圧を受けて前が見えなくなったのかな」と、どこまでも他人事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る