• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆質問で相手をはぐらかす 麻生財務相「責任転嫁」の手口

 アメフト部の悪質タックル問題の余波が続く日大は、教職員組合から田中英寿理事長の辞任を求める声が上がっている。これほど事態が悪化したのは、日大の初動ミスが大きいだろう。

 試合から10日後の先月16日、関学大への回答書で、内田前監督からの反則行為の指示を否定。その原因は指導方針にあったとして、「ルールに基づいた厳しさを求め」たところ、「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きた」としている。文書で姿も見せず、選手に責任転嫁するような言いぐさだ。

 その6日後の22日、日大の加害選手が毅然とした態度で会見を開く。内田前監督らからの指示を明言したことで、翌23日、“火消し”に追われている。前監督とコーチは悪質タックルを「想定外」とし、「とんでもない重圧を受けて前が見えなくなったのかな」と、どこまでも他人事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る