• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子供のレモネード無許可販売に罰金 大手が始めた粋な支援

 米国の子供たちの代表的なお小遣い稼ぎに「レモネード売り」がある。

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードを売る姿には思わずほほ笑んでしまうが、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えてきていた。

 こうした事態を受け、米レモネード大手「カントリータイム」が、罰金を科せられたり、これからレモネード売りをしようという子供たちを支援する「リーガル・エイド(法的な支援)」というプロジェクトを始めた。

 CNNニュース(11日付電子版)によると、カントリータイムは、2017、18年中に当局から罰金を科せられた子供と、これから販売許可を取得しようという子供に、最大300ドル(約3万3000円)を支援するという。写真は、同社が今月7日にユーチューブで公開したリーガル・エイドのCMだ。

 もちろん、自社ブランドのPRが目的のプロジェクトなのだが、当局にレモネード売りをはばまれた子供たちにとっては、うれしい支援だろう。

 それにしても、当局も大目に見てあげればいいのに、という割り切れない思いはぬぐえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る