• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

熟成酒を常温や熱燗で ステーキやトンカツの脂と相性抜群

諏訪泉 満天星 純米吟醸

 照明を落としたダイニング風の居酒屋で、新酒や生酒を小ぶりのおしゃれなグラスで呑む。こういう店では、小僧や小娘だけでなく、中高年の面々までもが得々としてフルーティーな日本酒を楽しんでいる。一方、私はといえば、カウンターの隅で「何か違うぞ」とうめき声を上げる。

 なんでもかんでも若くて、新しければいいというもんじゃあるまいに。フレッシュな酒をキンッと冷やして呑むだけでは、日本酒の奥深さの一部分しか満喫できない。今夜は「熟成酒」という、もうひとつの魅惑のドアを叩いていただきたい。

 醸造年度から1年以上を経た酒を古酒という。有志の蔵が集まる「長期熟成酒研究会」では、糖類添加を除く、丸3年以上の古酒を熟成酒と定めている。

 豊満かつ濃醇な風味が、新酒にはない美点だ。「丹澤山」「睡龍」「十旭日」「花巴山廃」など、このカテゴリーに銘酒は数多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る