カフェ・サルバドル・ビジネスサロン<上>兜町再興めざして

公開日:

 証券会社の業界団体「日本証券業協会」が入っている東京証券会館1階はその昔、有価証券報告書や決算書が閲覧できる場所だったが2年前、カフェ・サルバドル・ビジネスサロンが開店した。

 80坪という広いスペースにいる客はさまざま。飲食を楽しむ人もいれば、コーヒーを飲みながらパソコンに向かって仕事をする人、読書にいそしむ人もいる。

 パーティションの向こうの会議スペースからは、何人かの生徒を相手に英会話を教える外国人の声も響いてきた。それぞれの用途に応じたスペースが用意されており、例えば仕事をする人向けのコーナーはWi―Fiはもちろん、レーザープリンターやコピー機などが備えてある。

 店の誕生の経緯は気宇壮大なところがある。東証会館のすぐそばにある東京証券取引所から「場立ち」がいなくなり、ネットを通じて証券取引は可能になった。「近代日本の資本市場発祥の地である日本橋兜町で働く人は減っており、街をどう再活性化するかが課題なんです」と、「証券界の大家」で東証会館の所有者でもある平和不動産・街づくり推進室の山根拓馬主任は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る