長江健次さん愛用“お金が貯まる米柄タイプは陸奥親方から

公開日:

「欽ドン!」に出演して一世を風靡した“良い子悪い子普通の子”のフツオとしておなじみだろう。「イモ欽トリオ」の「ハイスクールララバイ」の大ヒットから、はや37年。1カ月前から愛用しているのが、お米の柄でゴールドと黄色の色調の長財布。

「それまではずっとボッテガ・ヴェネタでした。これは元大関霧島の陸奥親方が『おはらいもしてもらった』と言ってプレゼントしてくれた“お金が貯まる”財布です。金持ちの人からもらったりその方のお古をもらったりするといいといわれるでしょ。この間、福岡に行った時に同じ財布を使っている女性に偶然会って、その方はお母さんから『アンタ、この財布は運気が上がるから使いなさい!』って言われたそうです」

 現金は1万円の新札10枚の束と9万円、1000円札が9枚、合計19万9000円。

「何があるか分からないから、いつも10万円前後は入れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る