庄内の“神秘の霊場”湯殿山 本殿も社殿もなく巨大な岩が

公開日:

 山形県の中央にそびえる日本遺産の「出羽三山」は、羽黒山(414メートル)、月山(1984メートル)、湯殿山(1504メートル)の総称だ。古来、日本有数の修験道の聖地として知られてきた。その中でも神秘的なのが湯殿山である。

 修験道とは、自然信仰に仏教や密教が交じって生まれた日本独特の山岳信仰のこと。出羽三山がある庄内地方では、山から魂を授かってこの世に生を受け、死後、その山へ赴いて祖霊として鎮まると言い伝えられてきた。それぞれの山には、いまの幸せを祈る羽黒山(現在)、死後の安楽と往生を祈る月山(過去)、生まれ変わりを祈る湯殿山(未来)といった特徴があり、すべてを巡れば「生まれ変わりの旅」となる。

 そのひとつ、湯殿山は月山に連なるなだらかな稜線の山。その中腹に、大鳥居に迎えられる湯殿山神社がある。出羽三山の奥の院とされ、毎年多くの修験者や参拝者が訪れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る